フォト

水を飲む習慣

水を飲むタイミングと量&習慣付けよう作戦Ⅱ

水を飲む習慣のない私、昔、何かの本をまとめてあったノートを参考に、飲む習慣付けを行うことにします。

何でも、色々考えたり、データ集めてまとめるのが好き。・・・これは、理系だから?(理系に怒られるかなsweat02) そのノートを参考に。

水を飲むタイミング、量の目安。(慣れない私の初心者偏。)

  1. 朝起きた直後:コップ(我が家は100~150ml)1
  2. 朝食時:コップ1~
  3. 午前中:コップ2~
  4. 昼食:コップ1~
  5. 午後中:コップ2~
  6. 夕食:コップ1~
  7. 風呂前:コップ1
  8. 寝る前:コップ1

1と7と8は絶対はずせません。これで約1リットルは飲めるなぁ。

しばらくコレを意識して慣れていきます。

ちなみに、運動前、運動後はもちろん別に水分補給が必要になりますよ。

いまさらだけど、まあ、私しか気にしてないだろうけどねcoldsweats01

水分補給の必要性&習慣付けよう作戦Ⅰ

自慢じゃありませんが、私は水分不足です(本当に自慢じゃない)。

特にのどが渇いたとも思わないし、飲もうという発想が出ないし、面倒なんです・・・むしろ嫌い、と言ってもよいかもしれません。お店で出たお水もほとんど手をつけないし・・・大学生の頃とかは、一日にコップ2杯くらい飲めばよい方、というくらい飲みませんでした。

もう、飲む習慣がありませんでした。

だから、何かからだの不調があって大きな原因が無いとき、『水分不足だ』『血液どろどろだよ』とか言われるのです。 さすがに自覚したのが5年ほど前。このままじゃ駄目だと飲むようにしていたのですが、また最近忘れがち。

そもそも、体内における水の働きとは?

  1. 血液となり、栄養素やホルモンを運ぶ
  2. 細胞内に存在し、柔軟さを保つ(2/3が細胞内に存在するらしい)
  3. 老廃物を溶かして、排泄する
  4. 体温調節をする

色々なところに不調が出てきてもおかしくありませんね。

今では、至るところで『水を一日2リットル飲みましょう』といわれているので実践している人も多いと思います。できてる人は本当にうらやましい!

体内の水は一日に、排泄物として1300ml、吐く息や皮膚から1000ml排泄されます。だからバランスを保つためには少なくとも、摂取も2300ml必要です。

ただし、摂取と言っても、全て飲料水というわけではありません。代謝水(燃焼水とも言う)という体内で栄養素が燃焼することで発生する水分300ml、食物中から摂取される水分も含めての2300mlです。代謝水を除いて『2リットル飲みましょう』になったと私は考えています。

さて2リットル。これは、習慣がない人にはとても難しいdownええもう本当に。

昼間とか、ついつい忘れちゃうんですよね・・・。それで焦って夕食後に無理してたくさん飲む。

実はこれ、危険らしいんです。寝る前に食べるのはやめましょう、というのと同じこと。たくさん飲みすぎると、内臓への負担は増すそうです(何かの本に書いてあった)。

だから、一日をかけて飲むのがよいとのこと。2リットル2リットルといいますが、まずは1.5リットル超えを目標にして、内臓に負担をかけないように少しずつ慣れていくことが大事なようです。

長くなったので、習慣付いてない人用、『一日の水を飲むタイミング、目安』はまた次回。

参照:食生活アドバイザー 2級テキスト

   http://www.health.ne.jp/library/5000/w5000119.html

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

ブログパーツ

  • ブログ村
  • メールフォーム
  • レシピブログ
無料ブログはココログ

最近のトラックバック