フォト

« 最愛のバターロール と あんぱん。 | トップページ | きな粉チョコの折り込みパン と 酒種、パンになったよ。 »

あんと栗のタルト と 酒種の独白。

いつか焼いた餡と栗のタルト。

01

パートシュクレ + 餡のクレームダマンド + 栗の渋皮煮。

余ったパートシュクレをいつものようにクッキーにしちゃおうかと思ったけれど、

ギリギリパウンド型に敷きこめる量だったので、タルトにしました。

02

こんな感じで。

イチゴタルトやチーズタルトの時は空焼きをするんだけれど、

今回は空焼きなしで、クレームダマンドを流してじっくり焼き上げました。

03

シンプルすぎる焼き上がりに、思わず寒天使ってナパージュを(笑)

こってり濃厚。

クレームダマンドに漉し餡を混ぜ込んだので、とってもどっしり、とってもしっとり。

今回のパートシュクレは甘さがごく控えめだったので、ちょうど良かったと思います。

ナッツ × 餡子 × 栗。

高カロリー最強タッグはもちろん美味しかったです^^

続きは酒種についてのぶつくさ。

 ↓ ↓ ↓

今日も来て下さってありがとうございます。

頑張れ!の気持ち、

下の二つをぽちっと応援してくださると嬉しいです。

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

今週初めから起こしてみている酒種もどき。

01_4

ブクブクしています。

同じ時に起こした塩麹とは全然違う反応で面白い。

でもこれでパンは作れないだろうなぁ、と思うごく弱い気泡です。

02_2

ホシノ天然酵母を起こす時や、自家製酵母を起こす時と

ちょっとずつ似ている反応をしているけれど、

それが正しいのか正しくないのか全然分からない^^;

ホシノ天然酵母を基準にすると、初手で既に失敗しているかなーとも。

まだ完成していないんだけれど、好奇心が出てきて、

昨日、リスドォル少量と混ぜて、カンパーニュの手順で生地を作ってみました。

時間がたつと・・・ドロッドロの溶けたような生地になりました( ̄▽ ̄)

少しは膨らんでいるんだけれど・・・

発酵させるより、消化酵素で分解している力の方が勝っているよう。

とりあえず今回は実験というわけで、まだ継いでみました。

そして今日。

自家製酵母なら、泡のピークが落ち着いた瞬間が頃合いかなと、

今回はいつもより長めに放置してみて、何度か混ぜてみて、

舐めてみた(今更!)。

ピリっとした!

昨日までは麹の甘い香りが勝っていたけれど、今は結構甘酒のような香り。

んーーー・・・?

ピリっとしたのと同時に、ちょっと酸っぱいような気もしないでもないの・・・。

不快ではないんだけど、不快ではないからこそ良く分からない。

でも旦那に味見をさせてみたらきっと顔をしかめそうな雰囲気(笑)

ちょっとやりすぎたのかもしれないなぁ。

本当はあと半日くらい放置してみようと思ったのだけれど、

怖いので早々に冷蔵庫に入れて休ませています。

また明日、リスドォルと混ぜてみようかな?(無謀)

« 最愛のバターロール と あんぱん。 | トップページ | きな粉チョコの折り込みパン と 酒種、パンになったよ。 »

スイーツ(マロン)」カテゴリの記事

スイーツ(和)」カテゴリの記事

スイーツ(焼き菓子)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308744/60776799

この記事へのトラックバック一覧です: あんと栗のタルト と 酒種の独白。:

« 最愛のバターロール と あんぱん。 | トップページ | きな粉チョコの折り込みパン と 酒種、パンになったよ。 »

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

ブログパーツ

  • ブログ村
  • メールフォーム
  • レシピブログ
無料ブログはココログ

最近のトラックバック