フォト

« 食生活アドバイザーの本&勉強方Ⅰ | トップページ | 小さいオーブンでも大丈夫!ガトーショコラレシピ♪ »

食生活アドバイザーの本&勉強の仕方Ⅱ

久しぶりに大きい本屋さんい行きました。

おおっ

食生活アドバイザーの本、今年初めに改訂されていますね!

旧版は、出版元のHPに訂正箇所がずらりと掲載され、私が読んでるだけでもその他の間違い(法律変更未対応部分も含む)多数・・だった本。

これで、食生活アドバイザーに興味がある方はリアルタイムに近い今年が狙い目かも??

さて、教科書を買って、読んで、その後です。

3級は記述がありません。選択問題のみで、『適当』か『適当でないもの』を選びます。

2級は記述があります。でもこの記述は一問一答的なものでそんなに曲者ではありません。漢字で書け、というまるで学生のテストのような問題もあります(どうしても私は理系なので、理論が問われないものを単純だと思ってしまう)

問題は、2級の選択問題です。まさしく、蘇る『運転免許取得時の筆記試験』。苦手だったー

問題を読めば読むほど、考えれば考えるほど『?????』となっていく。。。

例えば、『栄養は体に有益である』みたいな記述があります。局所的に考えれば『適当』でしょう。なくては生きられません。でも大儀的に考えればそうとも限らないので『不適当』になるわけです。

この前提のあやふや感が潜んでいて、『厳密にはどうだろう?』と思って嵌った問題も数知れず。

3級の選択問題なら△マークでも付けておいて、他に答えになりそうなものが無ければ、その△を正解に選ぶこともできます。

ですが、2級は、かならず選択肢に『該当なし』があるから、それができません。△と該当なし、の選択が残るわけです。

私は、食生活アドバイザーを実施しているFLAネットワークの模擬問題や、本の問題をざっと見て、「この<癖>に慣れておかないと厳しいな」と思い、ここで初めて『問題集』が必要だと思いました。

あと、読んだだけでは決して覚えないけど、問題を解くと、問題の内容と、答えがぼんやり覚えられる性質なので、知っていることの補強と、復習、反復に適していると思い、買いました。

私は、問題を解いて初めて『立体になる』ので、問題集を買って、まずは解いて、問題文の中の新しい知識や解けなかった答えのある問題をチェックおきます。

そしてその問題だけをもう一度、試験直前に読んで、試験に臨みました(当日に読んでたぞ・・・汗)

もちろん本読めば覚えられるという方、最初からこの問題形態に慣れた思考回路の方は、問題集は必要ないと思いますし、やっぱり、勉強は自分に合ったやり方が一番です。

もし、何からやればよいのやら、という方の参考になったら幸いです。

レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければ下をクリックしてください! 一日一回ワンクリック!

« 食生活アドバイザーの本&勉強方Ⅰ | トップページ | 小さいオーブンでも大丈夫!ガトーショコラレシピ♪ »

食生活アドバイザー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食生活アドバイザーの本&勉強の仕方Ⅱ:

« 食生活アドバイザーの本&勉強方Ⅰ | トップページ | 小さいオーブンでも大丈夫!ガトーショコラレシピ♪ »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ブログパーツ

  • ブログ村
  • メールフォーム
  • レシピブログ
無料ブログはココログ

最近のトラックバック